2010年04月26日

閣僚の政局発言 官房長官が批判(産経新聞)

 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が「衆参同日選の可能性もあり得る」と発言したことについて「進退は首相自身が考えることであり、全く論外。閣僚が政局に言及することは控えなければならず、首相の専権事項に触れることはあり得ない」と厳しく批判した。

 仙谷氏は16日のテレビ番組の収録の際、鳩山由紀夫首相が参院選前に退陣した場合には「(衆参)ダブル選を問う可能性もある」と述べた。

【関連記事】
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
普天間移設 「勇気ない」「暗い顔…」平野氏批判相次ぐ 
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か
仙谷氏同日選発言に不快感 社民・福島党首
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

高速料金 政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で(毎日新聞)
民主、20日から動画配信(産経新聞)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府(時事通信)
<TOSHI>自己啓発セミナーの実情を知って 2時間にわたり訴える (毎日新聞)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
posted by ヨシザワ タカオ at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。