2010年05月27日

交差点に加藤被告が運転のトラック突入…瞬間的に「まずい、速すぎる」(産経新聞)

 【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第8回公判】(2)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)の犯行に出くわした女性警察官に対する証人尋問が続いている。女性警察官は、背中を刺されて重傷を負った上司の○○警部補とともに、現場で勤務の最中だった。これまでの女性警察官の証言の内容と、防犯カメラの画像を突き合わせる作業が終わり、検察官が質問を続ける》

 検察官「あなたは今も、○○警部補と同じ万世橋署で働いていますね」

 証人「はい」

 検察官「○○警部補は、事件の前後でどう変わりましたか」

 証人「はい。事件が原因かは分かりませんが、歩くスピードが、少しゆっくりになりました」

 《検察側の冒頭陳述によると、○○警部補は肺や気管を傷つけられ、3カ月の重傷を負った。一時は心肺停止に陥っている》

 検察官「最後です。今の犯人についての気持ちを聞かせてください」

 証人「えーと…。事件は一瞬で終わりましたが、命を落とした方や、けがをした方、目撃した方が、いっぱいいます。被害者の家族の方も、被害者に当たると思います。それだけのことをしたと、深く反省してもらいたいと思います」

 検察官「どのような刑罰を望みますか」

 証人「自分がしたことに相当する処罰を望みます」

 《証人はきっぱりと言い切って、検察側の主尋問は終了した。続いて弁護側の反対尋問に移る。男性弁護士が立ち上がる》

 弁護人「あなたは○○警部補と一緒に、2人で組んで取り締まりをしてたのですね」

 証人「はい」

 弁護人「そういう風に、○○警部補と組むのは過去にもありましたか」

 証人「いえ、係長(○○警部補)とペアになったのは、その日が初めてでした」

 《弁護人は、検察側の尋問に対する答えを再度、確認するような質問を続けていった》

 弁護人「地図に書いた印の位置から、初めて警部補を見たとき、警部補は何をしていましたか」

 証人「…。もう一度、いいですか?」

 弁護人「最初に警部補を見たときの、警部補の体勢は?」

 証人「…走ってくる男に、背中を向けて立っていました」

 《弁護人は質問と質問の間で、何を聞くべきか考えるように黙り込むことがあった。証人も、弁護人の質問の意図をつかみかねてか、けげんな声で答える》

 弁護人「犯人は(警部補を刺した後、走りながら)刺すような動作をしていましたか」

 証人「刺すような動作を見たと思いますが、今は視覚としては覚えていません」

 弁護人「上下とか、水平にナイフを振るような行動を見たと、上司に説明したわけではないと」

 証人「はい」

 《この後、別の弁護人が、防犯カメラの画像に関する質問をして、弁護側の反対尋問は終了した。証人は印を付けた地図に、日付と署名を書き入れる手続きを終えたあと、村山浩昭裁判長に促され、一礼して退廷していった》

 裁判長「では、続いてもう1人の尋問に移ります。特に弁護人、被告人で、休廷を求めませんね?」

 「…はい、ではこのまま続けます」

 《傍聴席から向かって右、検察側の背後の扉が開いて、次の証人が入廷してきた。30代くらいのスーツ姿の男性。白いシャツに紺色のネクタイを締め、短めの髪を真ん中で分けている。やや緊張した様子で宣誓を終えると、証人席についた。女性検察官が質問に立つ》

 検察官「では、落ち着いて答えてくださいね。あなたは今日、会社を休んで出廷してくださいましたね」

 証人「はい」

 検察官「あなたは、平成20年6月8日に秋葉原で起こった殺傷事件の目撃者ですね」

 証人「はい」

 検察官「その日は、なぜ秋葉原に行ったのですか」

 証人「はい。パソコンの部品を買いに、秋葉原へ行きました」

 《証人は、やや小さめの声で質問に答える。女性検察官は大きく、はっきりした声で質問を続けていく》

 検察官「何時ごろ、秋葉原に着きましたか」

 証人「着いたのは、昼過ぎと記憶しています」

 《ここで、法廷の大型モニターに、現場の交差点の地図が映し出された》

 検察官「事件前、どの通りを歩いていましたか」

 証人「私は、中央通りを、下(南)から上に歩いていました」

 検察官「何を見ながら歩いていましたか」

 証人「はい。交差点の左上にある、工事現場を見ながら歩いていました」

 検察官「何か視界に入りましたか」

 証人「左の方向から、トラックが交差点に進入してくるのが見えました」

 《検察官に促され、証人が地図に自分の位置と、トラックの位置を書き入れた》

 検察官「トラックの様子は?」

 証人「すごいスピードでした。瞬間的に『まずい、速すぎる』と思いました」

 検察官「交差点の信号は?」

 証人「はっきりと青と覚えていませんが、人がいっぱいいたし、自分も渡ろうとしていたので、青だったと思います」

 検察官「速度は?」

 証人「(時速)40キロくらいだったと思います」

   =(3)に続く

【関連:秋葉原殺傷事件】
(1)上司を刺された女性警官の証人、被告を鋭くにらみ付けた
主任弁護人の意図が不明!? 疲れ見せるほかの弁護人
検察官も「AKB」 右腕に傷跡「見せてもらえますか」
「テロかと…トラックから仲間が次々と出てくるのかと…」
「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子

<口蹄疫>消毒マット 品薄に 一般からの需要も(毎日新聞)
取り調べ監督官 不適切行為14件発覚 警察の新制度で(毎日新聞)
<将棋>3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定>福島消費者相、業界団体の取り組み注視(毎日新聞)
対北朝鮮、米韓と連携=哨戒艦沈没―政府(時事通信)
posted by ヨシザワ タカオ at 23:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

「議院内閣制変えるべき」 橋下知事(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事は7日、大阪市北区で行われた憲法制定の記念行事に出席し「国家運営の仕組みは金科玉条のごとく守らないといけないわけではない。国家運営の仕組みを変えるため、国民と全国的な議論を起こしたい」と述べ、憲法改正に言及した。報道陣の取材に対し、橋下知事は「議院内閣制は時代にあっていないので、変えなくてはならない。9条の問題とかもあるが、まずは統治機構をしっかりとしないといけない。9条はそこを変えてから議論すべきだ」とする見解を示した。

 また、「今の仕組みはおかしな統治機構。国家運営ができていない。小泉純一郎元首相のような何千年に1度のリーダーがいないと運営できない。普通の人では無理だ」と指摘した。

【関連記事】
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」
橋下“維新の会”最大会派に肉薄 自民2府議も加入へ
高速料金の地域上乗せを検討 国交相、橋下知事提案に
露骨すぎる?“橋下徹”と書かれた異例の規約
橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<家族5人殺傷>放火容疑で再逮捕…愛知県警(毎日新聞)
学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
posted by ヨシザワ タカオ at 11:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。