2010年02月03日

結核検査2200人誤診の疑い=大阪府、正しい検査器具使わず(時事通信)

 大阪府は28日、結核感染の有無を調べる血液検査(QFT検査)で、適切な検査器具を使わなかったため、約2200人の検査結果に誤りが生じた可能性があると発表した。実際には感染している人が陰性と判定された可能性があり、府保健所は今後、約2200人の健康状態を調査して再度レントゲン検査などを行う。
 府健康医療部によると、府保健所はQFT検査を始めた2006年以降、本来使用すべき検査器具以外の器具を使って約5600人の検査を実施。09年10月に外部の医療機関から「検査結果がおかしい」と指摘を受け、改めてデータを確認した結果、約2200人の検査結果に誤りが生じた可能性があることが分かった。 

【関連ニュース】
新型インフル疑い患者が死亡=呼吸器疾患の90代男性

新幹線、停電で運転ストップ=新横浜−小田原間で沿線火災(時事通信)
午前9〜10時に殺害か=同居の男、電器店に立ち寄る−鳥取不審死(時事通信)
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<福島県警>警部補ら7人、犯人隠避容疑で書類送検(毎日新聞)
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及(産経新聞)
posted by ヨシザワ タカオ at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。