2010年02月01日

「子の奪取」条約加盟を要請=外相「国内法整備が必要」−米英大使ら(時事通信)

 国際結婚の破綻(はたん)に伴う一方的な子供の連れ去りが多発している問題で、米英仏など8カ国の駐日大使が30日午後、外務省に岡田克也外相を訪ね、解決ルールを定めた「国際的な子供の奪取に関するハーグ条約」への早期加盟を要請した。
 外相は、81カ国が加盟する同条約への加盟に向け、政府内で検討を進めていることを説明。ただ、「日本と欧米では(親子関係の)法制度が異なる」と指摘し、加盟には国内法の整備が必要となることに理解を求めた。
 会談後、8カ国の大使は「最近の日本政府の前向きな対応に勇気づけられている。条約加盟は日本を母国とする親にも利益となる」との声明を発表した。8カ国大使は昨年10月、千葉景子法相にも同様の申し入れを行っている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

全長150メートル… 日光市の雲竜渓谷で「氷の竜」出現(産経新聞)
「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
「争点について…失礼しました」被害者多く順番を間違える検察官(産経新聞)
式妨害、新成人5人を逮捕=威力業務妨害容疑−秋田県警(時事通信)
内側にさび、缶入りパン15万個自主回収(読売新聞)
posted by ヨシザワ タカオ at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ型の靴底公開=時効まで半年−八王子スーパー3人射殺・警視庁(時事通信)

 東京都八王子市のスーパーで1995年7月、アルバイトの女子高校生ら3人が射殺された事件で、警視庁八王子署捜査本部は28日、現場に残された靴跡と同じ型の靴底を公開した。
 捜査本部によると、現場に残された靴跡はサイズが24.5〜26センチ。「デポ」などの商品名で製造された靴とみられる。90年ごろから1足7800円前後で販売されたという。
 事件は公訴時効(15年)成立まで約半年となっている。 

中3男子、飛び降り自殺か=マンション踊り場に靴−愛知(時事通信)
<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
自殺防止策強化へ=福島担当相(時事通信)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
posted by ヨシザワ タカオ at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。